作業員

部屋の壁紙を変えるだけで気分も変わる|レッツ模様替え

このエントリーをはてなブックマークに追加

防音部屋を作るなら

部屋

専門の会社に頼むなら

騒音が近隣で大きな問題に発展する事もありますから、防音室を作る時には注意が必要です。防音室というと楽器の演奏やシアタールームが例として挙げられますが、家の構造や近隣の環境によっても必要な防音のスペックは変わってきます。シアタールームを作る場合や一緒に楽器の演奏もする場合には楽器の種類によって騒音レベルも変わります。一戸建てでは上下は気になりませんが、マンションの場合には隣りだけでなく上下にも伝わらない対策が必要になります。シアタールームも様々なケースがあるので、施主は専門の建築音響会社と打ち合わせをして、どんな方法があるのか、予算はどの位かなどを確かめると良いでしょう。会社はいくつかありますからウェブサイトや資料などで下調べをしておきましょう。

求める性能に見合った部屋

防音室を専門にしている会社によっては、同じレベルの防音室でも金額が違うという事が起こります。これは各会社によって同じ工法を採用すると限ったものではなく、従って使う材料も違う事から金額の差が生まれます。自分の望む性能を得るためにどんな工法が適切なのかは、使用する用途と同じタイプのシアタールームの施工例などを参考にするのがお勧めです。シアタールームを作ってはみたけれど性能不足で近所から苦情が来るというようなことは避けたいですから、業者選びは慎重にするようにしましょう。シアタールームを家に作るのならコンサートホールのような大きな建物を扱っている会社ではなく、主に住宅に防音室を作る施工数の多い会社がお勧めです。